FC2ブログ
2019/05/21

土台の完成(上の歯)

2019年5月13日、G歯科へ行く。
3番の部屋に通される。


■歯ぐきに糸を通す?!


Dr.Oがいつものように明るく入ってきて「今日は上の土台をキレイにします」とのこと。
そして麻酔なしで仮歯を外した。
麻酔をしないで仮歯を外されたことがなかったので、ガツンガツンという衝撃音が少し怖い。
しかも外れにくかったようで、取れた瞬間 転がった音を聞いた・・・。

「前歯なので見えた目キレイになるように、歯ぐきの中の残っている歯を削ります。
歯ぐきに糸を通しますね」とDr.O。
歯ぐきに糸を通す? なんとなく聞き返してしまった。

治療イスが倒されているときに「想像がつかないです」と言ってみたら
「見ます?」と言われ、私の返事を待たずに手鏡を渡された。


そもそも仮歯を外した状態を初めて見たので若干驚く。
元々の歯はまったくないものだと思っていたら、一部残してあって
その歯とセラミックのファイバーコアをくっつけてあった。
それにしても土台状態だとなんてマヌケなんだろう・・・。

・・・と思っていると、いきなり糸を歯ぐきの中に入れ始めた!
歯周ポケットのなかに黒い細いものを押し込んでいく。
糸はシルクらしい。
黒糸なので、歯ぐきから透けて見える。
歯ぐきに糸を入れることによって歯ぐきが広がり、残っている根元の歯を削りやすくなるらしい。

その後は目の上にタオルをかけられ治療が始まった。
麻酔がしていないけど、神経はないので痛みは感じない。
歯医者さん独特の嫌な音が響いていた。


■仮歯の調整


根元までキレイにしたことにより土台の形が変わった。
Dr.Oが削ったりしながら調整している間、世間話をする。

Dr.Oのお母さんは京都出身、私と同じだというのは以前に話したことがある。
お父さんは兵庫県宝塚市出身らしい!
Dr.Oから阪急電鉄今津線の「逆瀬川」駅の名前が出てビックリした。
宝塚歌劇大好きな私としては、逆瀬川(さかせがわ)はもちろん知っている。

お父さんの実家に行くと、よく宝塚ファミリーランドに連れてもらっていたそうだ。
「子供の先生と、劇場に向かう私が遭遇していたかもしれませんね」と笑った。
ファミリーランドがなくなったのはいつだっけ。
かれこれ20年以上になるか???

そんな話をしていると、仮歯の調整が終わった。
仮歯をはめて、リテーナーと合うかどうかの確認をする。
「気になるところはありますか?」と聞かれるけど、毎回わからない。
ほとんどリテーナーをつけているので、仮歯状態のときが少ないからだ。

そして、これにてDr.Oによる根治治療は終了した。
しばらくは、下の奥歯の治療になる。


■会計と予約


会計は540円(税込)だった。
受付の女性が次の予約を見て「H先生?」とつぶやく。
「奥歯の根っこの治療なので」となぜか私が説明する。

今回の治療時間は1時間弱だった。
次は2時間コース・・・。 初めてのドクターだから不安だな。






スポンサーサイト